心の闇を和らげる仕事|心理カウンセラーになるための秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の試験を受ける前に

ナース

看護師国家試験合格率は、ここ10年は9割前後で安定しています。この試験のボーダーは、必須問題は8割以上と決まっていますが、一般問題と状況設定問題は6割から7割の間で毎年変動しています。これは、看護師不足を解消するために一定の看護師国家試験合格率を保つためだと考えられます。

More Detail

臨床心理士になるには

男の人

近年、医療職の中でも需要が急増しているものに心理カウンセラーがあり、特に臨床心理士は実際の医療機関で働ける唯一のカウンセラーの資格として人気です。心理カウンセラーが必要とされるようになった背景には、高齢化やストレス社会における精神疾患の患者の増加が挙げられます。急速に高齢化が進んだ現代の日本では一人暮らしのお年寄りも多く、身体的なサポートだけでなく精神的なケアをできる人材が求められています。また、仕事や学業のあり方が多様化して大きく変化する中でストレスを抱えやすい現代では、うつ病をはじめとする精神疾患に悩む方も多いです。以上のような状況から、大学で人の心の仕組みや理論について深く学んだ心理カウンセラーが近年必要とされるようになっています。

医療従事者として病院への勤務や個人のカウンセラー室を運営できる心理カウンセラーになるためには、正式に指定された大学および大学院で臨床心理学を修める必要があります。大学では心理学一般について広く学んだうえで、自分の専門分野を決めて卒業研究・論文を仕上げ、大学院では学部時代の研究をより掘り下げていきます。心理カウンセラーになるためには所定の試験に合格する必要もあり、大学院では学問研究を続けながら試験対策を進めることになります。また、資格取得までに大学院のカウンセリング室で学生向けに簡単な相談を受け付ける実習を行うこともあり、資格取得後も医療機関での実習が必要です。以上のように、心理カウンセラーになるためには大学と大学院での合計6年の充実した学びを経て、試験の合格と実習の積み重ねが必要という特徴があります。

本格的な現場実習

学生

大阪医専大学は、医療系から福祉やスポーツまで多くの学科があります。現場で戦力となれるように独自の実習を行っており、就職時の指導も積極的です。国家資格と就職に関しては保証制度があり、万が一試験に落ちたり就職できなかった場合は、学費免除で5年間勉強を続けることができます。

More Detail

試験に受かる為の準備

勉強する女の人

理学療法士になるには、なるべく偏差値が高い学校を選び学ぶことで国家試験にも受かりやすいと言えます。合格率は高い傾向にありますが、基礎的な勉強はしっかりと行いプラスで実習もしっかりと行うことが大事です。

More Detail